shizukana tori’s diary 

花をみて空をみる

215 持っていないもの

何かに夢中になっている人

というのは、人の事や

人の意見、というものを

あまり気にしてないように見える。


だから、そういう状態の人を

見ると、私は好印象に感じる

事が多い。憧れがあるのだろう。



しかし、そういう何かに夢中な

気にしない人と言っても、ふるまいが

ひとりよがりではない、ということが

重要であり、気にしないことが

全て良いというわけではない。


気にしない人は自信もあるように

見えるが、人の話をあまり聞いて

くれない、ということもあるので

人の話を聞いてくれる、ということ

もまた必要である。


という風に考えていくと

気にしない、気にならない

ということだけだと、憧れる

人にまではならないということか。。


何かに夢中になっていて

人の意見や人のことを気にしない

人というのは、それだけなら

それなりにいるのだが、やはり

上記したような条件まで完璧に

そなえている人、というのは

ほぼいないだろうと

ここまで書いて、ようやく

分かってきた。。



自分の持っていないものに

つい羨ましく思ってしまうけど

目を凝らしてよく見てみると

案外、それはそれで楽観的に

見える人も大変だったりする。。




なかなか気がつかなかったり

忘れてしまったりするけど

比べず、やはりあるもので

なんとかやっていこうと思う。。








休憩しながら、今日も一日。