shizukana tori’s diary 

花をみて空をみる

220 気付かぬうちに

昨日は、タイヤ交換をした。



今年の冬にスタッドレスタイヤ

への交換が自分でやった初めて

のタイヤ交換だったのだが

先週、母の車のタイヤ交換を

やったので、これで3回目になる。


初回と、先週の母の車のタイヤ交換は

姉も手伝ってくれたので、スムーズ

に進んだ。しかし、今回は1人で

やるのでなんとなく大丈夫だろうか

とも思いながら、作業を始めたが

先週やっていることもあり、体が

覚えているのか、ゆっくりだが

なんとか、作業は進んでいった。


そして、最後のタイヤに

取りかかり始め、ナットを緩めたら

なかなか回りが鈍いのである。


これまでの感じではないなと

少し不安になりながらも、回らない

わけではないので、回し続けていた。

そしたら、金属が削れた粉が

ぼろぼろと落ちながら、ナットが

取れた。この瞬間にやってしまった

と思った。。タイヤをはめるボルトの

ネジ山がダメになってしまったと

すぐに理解した。。

いわゆる「なめて」しまった

のである。。その後すぐに母に

言って、かかりつけの整備工場に

電話をしてもらったら、すぐに

見てもらえることになったのだが

前回のタイヤ交換の時点でその箇所

だけ、少し斜めにナットが入って

しまっていて、今回外すときに

緩めた際、削れてしまったよう

なのである。。



本当にがっかりである。。



修理費用は、サービスしてくれた

のか、思っていたほどは

全然かからなかったのだが

今年の冬、初めてのタイヤ交換

の時点で、すでに今回こうなる

ことを自分自身で仕掛けてしまった

ということである。。



この数ヶ月、特に運転には支障

はなかったのだが、まさか

こんな形で、タイヤ交換の洗礼を

受けるとは思わなかった。。


情けなく、悔しい気持ちにも

なったが、やはり初めての時

というのは、何かしらやらかして

しまうことがあると、仕方ないと

思って、今後は本当に気をつけて

また冬に自分でタイヤ交換を

したいと思う。


整備士の人が言うには、ナットは

手で奥までしっかり回すことが

大事なんだそうだ。。


基本的なことだが、疎かにして

しまうと、また同じことをして

しまうので、本当にネジ締めは

気をつけようと思う。。



しかし、これに懲りず頑張ろう。。



タイヤ交換自体は達成感があり

けっこう楽しくなってきたので

やれる時は自分でやりたい。



しかし、次回もまた今回のように

仕掛けてしまっていなければ

良いが。。



そこだけは本当に心配である。。








雨が降りそうだけど、今日も一日。