shizukana tori’s diary 

花をみて空をみる

240 やってみると

どうにか、苗の植え付け作業は

終えることができた。



改めて畑をトラクターで

耕し、グラウンドを整備する

感じで平らにならし、畝(うね)

という段を作ったあと、そこへ

苗を植えていった。自分と姉で

合わせて30株ほど植えた。



なす、きゅうり、トマトをメイン

に、その他全部で10種類ほど。


苗を買うときは、そこまで

多いと思わなかったが、いざ

植えるとなると、初めてやる

にしては、多すぎたと少し

後悔した。。


植えるだけだと思っていたが

風などで倒れないように

苗の脇に支柱を立て、それに

くくりつける、という作業も

あり、これが以外に手間だと

いうことが分かった。。


農業や園芸で面倒くさくなって

止めてしまう理由の一つに

おそらくこういった小さな作業が

あるからだろうと、作業をしながら

思った。。


上記の作業を父、姉、私の3人で

行い、なんとかやり終える

ことができた。


達成感はあった。


しかし、いまいちピンと来ない

というか、この今植えた苗が

あの自分が知っている野菜に

本当になるのか、という気分になり

苗植え付け初回の感想とすると

これで本当に育つのか半信半疑

である、というのが正直な感想

である。。

もう少し、植え付けることに
 
よる達成感や安堵感があると
 
思っていたが、これからきちんと

育つのか、という不安も同時に

浮上してきて、実際やってみると

イメージしてる時と違う感覚に

なるのだなと、それはそれで

知ることができて良かった。。



そして思うのは、期待しすぎず

ダメ元が前提であるので

うまくいかなくても気にしない

ということが大事、ということ

である。。

何しろ、初めてやることである。



最初からうまくできることは

ほぼ無理だと思って、気楽に

やっていこうと思う。




今回の体験で、考えているのと

実際やってみるのでは違う

ことを思い出せた。




今回やって一番良かったのは

そのことかもしれない。。






のんびりと、今日も一日。