shizukana tori’s diary 

花をみて空をみる

266 暑いから

昨日は、夏のような暑さで

暑いと気分がいまいちに

なってしまうのもあるのか

家族と接していて、妙にしんみり

してしまうというか

今まで、長いこと一緒に

暮らしてきたな、とか

あと何年こうして

家族と暮らしていけるのか

とか考えて、勝手に

切なくなっていた。。



私にとって、気温が高く、暑い

ということは、なぜか

悲しい気持ちが発動されやすい。



冬は冬で、一般的に寂しい

季節だと思うが、私は猛暑は

猛暑で悲しくなったり、落ち込んで

しまうことが多いので、基本的に

一年の半分以上、気分は

あまり良くない、という

ことになる。。



これからの夏の到来が

本当に憂鬱だ。。



そのリハーサルのような

暑さが、気持ちを下降気味に

させるのだろう。



圧倒的に冬派になってしまった

が、年配の母は年を重ねて

みると夏のほうがいいと言う。

冬は、しんどいらしい。


そう考えると、自分も

また夏が良くなる時が

来るのかもしれない。

今のところ全く考えられないが。。



ただ今年は、夏野菜を

育てている。夏になる

ことによる希望が例年より

はある、と思いたい。。



ちゃんと育つのか不安で

いまだに落ち着かないが

夏が来ることが憂鬱に

なったら、まず野菜のことを

考えよう。



夏に収穫ができることを

祈って、なんとか暑さを

乗り切っていきたい。



しかし、暑いのはほんとに。。。






水分補給を忘れず、今日も一日。