shizukana tori’s diary 

花をみて空をみる

301 決めない

とても涼しい朝である。


例年のこの時期はこれが

普通なのに、昨日までが

暑すぎて、暑くないことに

違和感が出てきてしまうのも

どうかと思うが「慣れ」という

ものはすごい。。

というより、人が持っている

慣れる感覚というのか。


良くも悪くも慣れてしまう

のだから、色々と気をつけよう。。


暑くないと、すごく冷静に

考えられる一方、元気が

あまり出ないのだと、今朝思い出す。

暑くなることにより

そちらが基準になるので

少し前は、これが普通

なのに、人の感情は環境で

すぐ変わってしまうものである。


大事な決断を涼しい日にして

しまうと、暑くなった時に

全然違う気持ちになってしまう

ので、決断するのは暑い時に

するべきだと思う。。暑くても

それを選ぶということは

暑さを想定した上での決断

になるので、実現の可能性や

信憑性が増している。

やはり暑い時に、大事なことは

決断するのがいいと、私は勝手に

思っている。。

なので、今日のような涼しい日に

決断したとしても、また先週の

ような暑さになったら

全てなかったことになるので

暑くなるまで、決断はやめて

おこう。。



どうにか、今日の感じからすると

明日も、そこまで暑くならない

のではないかと期待値が上がる。


期待するなと言われても無理だ。


こんなに涼しい朝になって

しまったら、もう明日も

今日くらい涼しくなって

もらわないと辻褄が合わない。。 





決断はせず、今日も一日。