shizukana tori’s diary 

花をみて空をみる

325 受け入れるのは

今月は通院が3回も

あるので憂鬱だ、と

以前ブログに書いたのだが

それ以上に、母が熱中症

なったことで、通院の憂鬱さ

など、どこかへ行ってしまった。。


今年の7月は、色々と考えて

いるせいか、とても長く感じる。

日々、不安な気持ちが強いという

ことなのだと思うが、ようやく

月末が近づいてきたので

来月は、無事に過ごしたいと

つくづく思う。


母は、熱中症で搬送された時に

病院で色々な検査をするなか

血圧の高さを指摘された。


後日、近所の病院でいいので

血圧を下げる薬を処方して

もらうように言われ、今日

ようやく、その病院へ行く。


今まで幸運なことに、ほとんど

大きな病気にかかって

こなかった母なので、これから

定期的に通院するということは

本当に嫌なのだろうとは思うが

今回は、自ら行くと決めて

何か今までとは違うものを

感じて、頑張ろうとしている

のが分かって、自分としては

支えていくことしかできないが

できることは、協力していこうと

あらためて思う。


定期的に通院を

しなくてはいけない、という

ことは、自分の中の何かが

変化していくことで、辛い

時もあるのだが、同時に

安心できる瞬間でもある。


母は、基本的に医者嫌いで

なかなか最初は嫌なもの

だと思うけど、安心するために

なんとか通院していってほしい。



しかし、色々と変わっていく

ことを受けていれなくては、と

思うが、簡単ではないなとも

思う日々である。。







暑さに気をつけて、今日も一日。