shizukana tori’s diary 

花をみて空をみる

455 どうにかして前へ

昨日は、午後やろうと思って

いた草むしりと、ネギの追肥

だったのだが、風が強くなって

きて、天気も悪くなってきて

やりたくなくなってきたのだが

たまには、こういう時に断然する

のではなく、やってみる、という

方を選ぼうと思い、どうにか

重い腰をあげ、作業を始めた。

普段なら、おそらく止めていた

と思うが、止めることが普通に

なっているのも、飽きる時がある

というのか。。

 

やってみたら、そこまで時間も

かからず、終了したのだが

始める前の考えている時が

一番嫌で、それは何事もそう

なので、分かりきっていること

なのに、これからも嫌なこと

をやるかやらないか、という

思いを巡らせる時間というのは

必ず訪れてしまうが、悪く考えて

いた時ほど、そこまで悪くない

ことが多い。しかし、やっぱり

考えてしまうのだろう。。

好きで始めたことでも

たまに、面倒な作業や工程が

あるが、うまいことやりくり

というか、自分をコントロール

しながら、どうにか続けて

いきたい。

 

考えていると

大抵やらない方が最初に

思い浮かび、やらないわけ

だが、やらないことにも

飽きて、全てうまいこと

やり始められたらいいが

やはり、やりたくないことは

やりたくないこととして

あり続けることでいい気もする。。

 

今後も、迷いつつ、少しずつでも

やりたくないことを、前に

進められるようにしていきたい。

 

 

 

 

暖かくして、今日も一日。